職人の技術の差が大きい

業者選びのポイント

塗装作業

外壁は住んでいる人だけでなく来客や近所の人、前の道路を通行する人など多くの人が目にするいわばその家の顔です。外壁を含めた外観でその家やそこに住んでいる人をイメージする重要な部分です。ですから、住宅を建築する際には外壁にこだわるという人も少なくありません。しかし毎日太陽の光を浴び、雨風にさらされる部分でもあり劣化が激しい部分でもあります。その上、長年住んでいる住人にとっては年数が経過するにつれ、まじまじと見ることも少なくなります。そのため、メンテナンスがおろそかになりがちなのです。特に、外壁は日光や雨風にさらされることで確実に劣化しています。ですから、どんな住宅でも定期的にメンテナンスが必要になります。特に仙台のように夏場は暑く冬にはぐんと気温が下がるような寒暖差があるような地域では、とても外壁の負担となります。それゆえ仙台では定期的に表面を塗装しなおしたり、外壁を張りかえるなどの工事が必要になります。ですから仙台には、多くの外壁塗装業者が存在します。外壁塗装業者がたくさんあるということは選択肢が豊富ということで、利用者にとってはうれしいことです。しかし裏を返せば粗末な業者に依頼してしまうと仕上がりに疑問を感じるだけでなく、外壁へ負担をかけてしまうことにもなりかねません。業者を見極めるポイントとして、仙台周辺での工事実績がどの程度あるかということです。外壁塗装業者としてたくさんの実績があっても、実際に自宅を担当してもらう職人の実績がどのくらいあるかを契約前に確認します。外壁塗装を行う職人はその会社の社員なのか、下請けに依頼するかというのも確認しておきましょう。社員であれば、ある程度どの職人でも一定の技量を持っていることが多いのです。一方で下請けに依頼する際は、技術にばらつきがあるケースがあるので注意が必要です。また、過去の施工実績を写真などを提示して、丁寧に示してくれるかもポイントです。

業者の選び方

積み木と刷毛

外壁塗装は、住宅にとってとても重要なメンテナンスの一つです。外壁材の表面には太陽からの紫外線を吸収したり、外壁材に雨風が侵入するのを予防するなどのとても重要な役割があります。外壁塗装がしっかりと行われていなければ、水漏れや耐震強度の劣化など生活にかかわるようなリスクを高めてしまうのです。また外壁塗装は塗装材の種類などにより、耐用年数が定められています。この耐用年数は長いものでも20年程度です。種類によっては、5年程度のものもあります。仙台市のように市の面積が広く地域によって気候などの特徴が異なるようなところでは、極力自宅がある付近での施工実績がたくさんある業者というのも業者選びのポイントの一つです。もちろん施工実績が少ないからダメというわけではありません。仙台の会社だから安心と任せるのではなく、しっかりと地域に合わせた材料や施工が行われるかを判断する必要があります。仙台東部でいうと潮風による塩害を考慮する必要があります。ガラス系の塗料や定期的に外壁に付着した塩を洗い流せる高圧洗浄が行える塗料などが向いています。一方仙台西部では、冬場に豪雪を記録する地域が多くあります。施工中に雪が降ると仕上がりに影響するだけでなく、本来の性能が発揮できなくなることもあります。このように地域によって、注意するべき点が異なります。ですからその地域での施工実績に量は、とても大切になるのです。特に西部の降雪という点では施工する時期に注意する必要があり、これは外壁塗装の素人であっても知識さえ持っておけばそのタイミングを避けることが出来ます。もちろん塗装業者でこうしたアドバイスをしてもらえない業者で施工をするのは、避けるべきといえます。

塗料の種類を知る

家

仙台に在住の方で、今から外壁塗装をしようと考えられている方もいらっしゃると思います。仙台市と言えば東北随一の都市であり、外壁塗装業者を探すのは容易です。しかし業者が見つかっても、依頼する中で迷いがちなのが外壁塗装に用いる塗料の種類決めです。塗料の種類によって費用が変わり、さらに耐久性も変わるので慎重に選ぶ必要があります。主に外壁塗装に用いられるのは、シリコンにアクリル、それにウレタンとフッ素、そしてラジカルといった5種類になります。これらの塗料を主成分として、防汚や断熱効果などを付加させた高機能な塗料もあります。現在外壁塗装で最も一般的な塗料はシリコン塗料になります。非常に安価な塗料ですが耐久性もそれなりにあります。値段的に言うとアクリルが最も安価ですが、耐久性が低く何度も塗り直す必要が出てくるのでランニングコストは高くつく傾向にあります。その点シリコンはコストパフォーマンスに優れた塗料です。ウレタン塗料は以前外壁塗装に良く使われた塗料で、外壁材と馴染みが良く、塗る場所を選ばないという特徴があります。さらに価格も低いのでとりあえずウレタンで塗る、という選択をする業者もいるほどです。ただし耐久性がシリコンより劣るので、現在では徐々に使われなくなっています。フッ素は高機能で高価格な塗料です。仙台市内の都市部でビルなどを所有している方にはおすすめですが、通常の戸建てにはオーバースペックと言える塗料です。ラジカル塗料については最近になって登場してきた塗料で、低価格で高耐久な塗料です。まだ一般的ではありませんが、今後主流となる可能性のある塗料です。耐久性は高いのに越したことはありませんが、仙台は東北地方であっても降雪量は多くないので、費用と耐久性のバランスの取れた塗料を選ぶのがおすすめです。

家のイメージを一新できる

刷毛

仙台で外壁塗装をする時は、作業スペースの確保や塗料の確保なども大切です。外壁塗装が住まいに与える影響はとても大きいです。これによって、住まいの耐候性や遮音性を高めて、住まいの雰囲気をより良くすることもできます。

もっと読む

外壁の状態を確認してから

刷毛とペンキ

仙台では多くの人が、業者に外壁の無料チェックを依頼しています。これにより、外壁の問題の有無が明らかになります。また、問題があれば業者が補修や外壁塗装の見積もりを出すので、それを見た上で施工を申し込むことができます。さらに、施工後にアフターフォローとして外壁をチェックする業者もいます。

もっと読む

職人の技術の差が大きい

塗装作業

仙台のように寒暖差が激しく気候条件が厳しい地域では外壁塗装など外部のメンテナンスをしっかり行わなければ住宅は急速に劣化してしまいます。ただ、外壁塗装は高い技術を必要とする工事です。高い技術を持った人が施工すれば見た目が美しいだけでなく永くその美しさを保つことも可能です。

もっと読む