住宅の印象は色で変わる

大きな色見本で確認

塗装

外壁塗装の色は、大切なマイホームのイメージを大きく左右するといわれています。近年は欧米の住宅のように明るくポップな色合いの住宅も仙台では増えましたが、住宅の形や土地柄などでもおすすめの色合いは大きく変わります。「気に入らなかったから直ぐに塗り替える」という訳にはいかないのが外壁塗装ですから、じっくり考えて色を決めましょう。色選びの際、多くの場合小さな色見本を見て決める事が多いのですが、小さな見本だけでは住宅全体に塗られたイメージを想像するのは難しいのも事実です。少しでもイメージしやすいように大きなサイズの色見本を用意出来るかを仙台の業者に相談してみましょう。また仙台にある同じ業者が施工した住宅があるようでしたら、実際に見学に行くのが一番良い方法と言えるでしょう。見学に行く際には色味がハッキリ分かるように晴れた日に見に行くようにしましょう。では実際、どんな色を外壁塗装に選んだら良いのでしょう。白や黒は汚れが目立ちますし、原色系の色は経年劣化で必要以上に古びて見えてしまいます。原色系は色がハッキリし過ぎる場合もありますので、周囲の家への配慮も必要となります。一般的にはベージュやグレーといった落ち着いた色味がおすすめです。また、災害などから住宅を守るためにも、防水効果や凍結防止効果がある施工や外壁塗装を業者に依頼しましょう。新築ではなく塗り替えを考える時も注意点は同じです。仙台には多くの業者がありますから、複数の業者から見積もりをとり比較検討しましょう。

契約前に確認したいこと

作業員

外壁塗装を専門の業者に依頼すると、同じ工事を行ってもその費用に数十万円の差があることも珍しくありません。もちろん使用する塗料などの材料が違うことで、費用に差が出ます。しかし外壁塗装費用のうち、大部分が職人へ支払う人件費です。経験豊富で高い技術を持った職人とほとんど経験のない職人では、家一軒の外壁塗装工事で数十万円の差が出てもおかしくないのです。それだけ技術の高い職人が施工すると見た目に美しいだけでなく、年数が経過しても劣化しにくい仕上がりになります。仙台のように比較的年間の気温の変化が少ない地域なら、その特性に合った材料を使用しているかも重要なポイントの一つです。仙台といっても、東と西で気候は大きく異なります。東側は太平洋に面しており、海風を浴びやすい地域といえます。一方仙台西部は山手に位置し、地域によっては豪雪地帯です。このように同じ仙台市でも住宅が建っているところによって、全く異なる特徴があります。海風に面している東部は、塩害を防ぐような塗料を用いる必要があります。積雪や乾いた風にさらされる西部では、乾燥や寒さに強い塗料を使用する必要があります。どういった塗料を用いて施工するかは、契約前にしっかり確認しておかなければなりません。さらに実際に施工する職人の技術によって、厚みにムラができたりほこりや虫などが付着してしまい、見た目にも性能にも差が出てくることがあります。あまりにも高額な場合は、他の業者でも見積もりをとり、比較することで無駄な出費を抑えることが出来ます。しかしあまりにも安価な場合や一律料金の場合には、2回塗る必要がある塗装を一回で仕上げてしまっているなどの手抜きとも取れるケースもあるので、注意が必要です。外壁塗装は塗装の耐用年数前にしっかりとメンテナンスすることで、比較的費用が抑えられるだけでなく、外壁材そのものの劣化を防ぐことも出来るのです。

時期選びも大切

一軒家

アパートやマンションも良いですが、やはり自分の土地、自分の家というものは安心感があります。しかし、マイホームを手に入れたからといって、後は野放しにしておくというわけにもいけません。どんな建物でも月日が経過するにつれて段々と老朽化していきます。特に傷みやすいのが外壁です。外壁は雨風の影響を受けやすいため、どうしても他の部分より消耗が激しい部位になります。また、仙台のように冬の季節雪が積もる地域の場合、特に注意が必要です。外壁をきれいにしたい場合には、外壁塗装業者を利用するのが一般的です。仙台を始めとした各地域において、外壁塗装業者を利用することができます。外壁塗装を行う頻度としては壁や塗料の材質、住んでいる地域にもよりますが大体10年がひとつの目安といわれています。耐用年数を無視していると大幅なリフォームが必要になる恐れもあるため、外壁にダメージを蓄積させないようにしなければなりません。外壁塗装に必要な費用は業者によって大きく異なります。また、季節によっても相場がブレやすいという特徴があります。外壁塗装に適しているのは春と冬の季節、その季節には需要も高まるため相場も高くなります。理由のひとつが天候の問題です。雨が降っていると湿気により工事ができず、工程が伸びる可能性があります。また、仙台のように雪が積もっているとそもそも工事を行うことができません。そのため、積雪の恐れがある仙台のような地域で外壁塗装工事を行う場合は特に注意しなければなりません。

家のイメージを一新できる

刷毛

仙台で外壁塗装をする時は、作業スペースの確保や塗料の確保なども大切です。外壁塗装が住まいに与える影響はとても大きいです。これによって、住まいの耐候性や遮音性を高めて、住まいの雰囲気をより良くすることもできます。

もっと読む

外壁の状態を確認してから

刷毛とペンキ

仙台では多くの人が、業者に外壁の無料チェックを依頼しています。これにより、外壁の問題の有無が明らかになります。また、問題があれば業者が補修や外壁塗装の見積もりを出すので、それを見た上で施工を申し込むことができます。さらに、施工後にアフターフォローとして外壁をチェックする業者もいます。

もっと読む

職人の技術の差が大きい

塗装作業

仙台のように寒暖差が激しく気候条件が厳しい地域では外壁塗装など外部のメンテナンスをしっかり行わなければ住宅は急速に劣化してしまいます。ただ、外壁塗装は高い技術を必要とする工事です。高い技術を持った人が施工すれば見た目が美しいだけでなく永くその美しさを保つことも可能です。

もっと読む